ブログトップ | ログイン

Cafe、Bakery & Grocery

marmelo3.exblog.jp

“霜降”の一汁一菜+ご飯と天然酵母パンランチ

マルメロのフードメニューは、二十四節気という日本の古い暦に合わせて献立を変えています。古代中国の暦をもとに1年を24の節気に分けて、その時その時の気候を表す名がついています。日本の気候と少しずれることもありますが、うまく言い表しているなぁと思うことがよくあります。
今は“霜降”。秋がいよいよ深まり、朝には霜が降りる頃。次の節気はいよいよ“立冬”。冬の到来です。

今日からのメニューは、天然酵母パンランチのスープは、根菜のミネストローネ。ゴボウ、レンコン、玉ねぎ、にんじんをじっくり蒸し煮して作ったトマトベースのスープです。噛めば噛むほど味わい深い天然酵母パンに合わせて飲んでいただきたいスープです。
f0230568_18303846.jpg
一汁一菜+ご飯では、お汁が芋煮汁。菜(おかず)は、車麩と秋野菜の甘酢炒め。
f0230568_18312573.jpg
“芋煮”といえば、山形をはじめ東北地方でよく食べられている今が旬の郷土料理。現地では、味付けも地域ごとに様々で、家族や友人が集って、河川敷や戸外で楽しむそうです。里芋が旬のこの時期、マルメロで昨年もメニューに登場しました。主役の里芋は、淡路の森本さん、篠山の森田さんのものを使わせていただいています。

動物性の食材は使わずに、でもできる限り野菜のうまみを引き出して、満足いく味になるよう努めています。
ぜひこの時期、根菜をたっぷり摂って冷え知らずで冬を迎えてくださいね。
by diary-marmelo | 2015-10-28 18:41 | Menuのご案内
<< 11月のお届けパン★ 季節のパン >>